損するあほう

やったこととか残しておく。※個人の感想です

初めての和包丁

こんにちは。

 

和包丁です。

 

今日も今日とて包丁を拾ってきています。

なんだか「包丁研ぎのブログ」みたいになってきてますが、決して違いますからね。それはそれで面白い。

 

では進めます。

 

f:id:yu_john:20191127161428j:plain

 

和包丁です。出刃っぽいのですが刃が薄い。本当に種類の多い包丁界。調べてみるとこれは「身おろし包丁」。

骨なんかは切れないけど身を切り出すのには十分という考え方でいいんじゃないですかね。詳しくは知らんけど。野菜とかも切れそう。

 

例によって汚れがひどい。

f:id:yu_john:20191127162528j:plain

サビがこびりついてます。

鋼だとすぐにサビが出ると聞いた気がします。和包丁でステンレスって少ないのかな。

出刃といえば片刃。

f:id:yu_john:20191127162751j:plain

初めて研ぐのですが感覚に任せましょう。

すぐに使うわけでもありませんし慣れませんから。

 

で、汚れを落として研いでみたものがこちら。

 

f:id:yu_john:20191127163001j:plain

f:id:yu_john:20191127163029j:plain

 

まあまあの出来でしょうか。食い付きもしっかりしました。指を滑らせるとチリチリ鳴ります。

中仕上げ砥石までしか持っていませんので、ピカピカにできません。細かい溝に水分が残ってサビるんじゃないかと心配です。

峰に近い部分も本当は磨きたいけれど、紙やすりが不足していてできません!

 

切れ味よりもダメだったのがこれ。

 

f:id:yu_john:20191127163543j:plain

 

伝わりますように。

刀身が右に向かって反っています。まっすぐ切れないこんな包丁じゃ、POISON。

 

さすがに加工する設備がありません。直したい...。

諦めます。

 

f:id:yu_john:20191127163733j:plain

 

「別打」は白鋼を表すそうです。へえ。 鋼なのに研ぎやすかったのはなにか関係があるのでしょうね。

上のにょろにょろはわかりません。署名ですか、きっと。

 

3000番くらいの仕上げ砥石買おうかな。

 

では、またお会いしましょう。