損するあほう

やったこととか残しておく。※個人の感想です

ゴールデンバージニア

こんにちは。

手巻きタバコのゴールデンバージニアを吸いましたので感想を残しておきます。

 

見慣れた緑と黄のパッケージは手巻きタバコ定番の葉をあらはす。

f:id:yu_john:20200121101724j:plain

 

タバコらしい甘みと少しの酸味がマッチしておいしい。苦みがほとんどなく、吸う速度がゆっくりならばおかしな味にならずに最後まで美味。
加湿済みの状態でパッケージに入っています。グリセリンとか使って保湿するんでしょうね。人間と同じだ。

 

手巻きタバコを始めて、「何かうまいのない?」と聞くと必ずこのゴールデンバージニアが一度は出ます。そんくらいど定番。私は今回が初回なんですけれども。
初心者には出来の失敗がすくない着香タバコがいいんじゃないですかね。知らんけど。

 

いくつかの種類を吸ってきた私から見ると失敗のない選択肢に見えます。着香ものと比べると香りが飛ぶ心配もありませんし、無添加のシャグよりは管理が楽。何より開いてすぐに巻いて始められるのが大きな利点です。

初心者にはどうでしょうね。一発目にはおすすめできません。濃ゆいにおいは間違いなく味にも影響を及ぼします。

ナチュラルを売りにしているシャグは、どうもにおいがきつい傾向にあります。フランドリア・ナチュラルなんかは副流煙が相当くさいと酷評を受けたこともあります。
追記
知り合いには加熱式に負けず劣らずひどいにおいだと叱られました。

 

Googleの検索窓に入力してると「まずい」と一緒に

f:id:yu_john:20200121102455p:plain

前情報として検索しているならやめたほうがいいでしょうね。他人の味覚に頼るせいで自分の好みかもしれないタバコをのがすわけですから。食わず嫌いダメ、絶対。
吸った感想としてまずいと考えたなら共感を求めたのでしょう。嗜好品の世界は賛否両論あるから面白いんですよね。

ただこの頃「ゴールデンバージニア まずい」で検索してこのサイトへいらっしゃる方も見かけられます。あくまで個人の意見ですが、このタバコをまずいと感じるのも無理はありませんバージニア葉をメインにするシャグはどうしても適度な湿度管理が難しく、吸うたびに味が大きく変わってしまうものです。美味しいしっとり加減がわかったらパウチをしっかりしめて、なるべく早めにその状態で味わいつくしてあげてください。

 

履歴の「+アンバーリーフ」。雰囲気が近いので気になったので少しだけ調べました。
以前アンバーリーフ・オーガニックを吸いました。パウチにジッパーがついていたり、開封直後から吸えるように加湿が施されています。味も甘さに偏っており、どちらかが寄せていった様子がうかがえます。グリセリンの甘さなのか自然な甘さなのかは知りませんよ。「オーガニック」はあくまで無農薬栽培ってだけです。無添加とは一言も言ってない。

ちなみにアンバーリーフを管理しているギャラハーグループはJTが2007年に買収、子会社化。

 

添加物で味の調整とか保湿をしてたとしてもそれ以上に有害な物質が発生するタバコに心配だなんだとはちゃんちゃらおかしいので、味や香りだけで判断して適度に楽しむようにしましょうか。

 

では、またお会いしましょう。