損するあほう

やったこととか残しておく。※個人の感想です

MIYOTA 8215をさわってみる

あの、私は不労働者のJohn、こっちは機械のMIYOTA。

 

やっと中国から届いたのでちょっとだけ見ちゃいますよ。

 

f:id:yu_john:20200526000005j:plain

f:id:yu_john:20200526000041j:plain

公式から情報をいただいて表にすると以下のスペック。

 サイズ  11 1/2'''    姿勢差  50秒以下
 厚さ  5.67mm    振動数  21600回/時
 精度  -20~+40秒/日    石数  21石
 駆動時間 42時間(最大巻上時) 
 機能 自動巻き+手巻き
日付早修正機能
3針 日付 

 

正直スペックだけ見ても使い心地なんてわかりません。精度を求めるときにうまいこといくかどうかも品質によって左右されます。そもそも組み込んでもないしこのままではどうすることもできないので機械としての話はパス。

 

ただ、やっぱり届いてみると小さく感じます。

f:id:yu_john:20200527144446j:plain

500円玉よりも小さい。いや、お、同じだ...。この小型で40時間以上の駆動時間が確保できるんですねえ。メンズ用としてもうちょっと大きいのがあればもっと期待できるんでしょうか。

 

このcal.8215は片方向巻き上げです。矢印のついている方向へ動いたときにのみゼンマイが巻かれます。部品が少なくて済むので故障が減りそう。

f:id:yu_john:20200526000041j:plain

上の使い回し

逆向き、つまり時計回りに動いたときはぐるぐる回ります。

超絶怒涛のフリースピン中は一切ゼンマイを巻かない。腕をぶんぶん動かさない限りはこんな回転するわけないんで、無視無視。音がシャカシャカ鳴るのだけはいただけないけど。

 

スペックで書いた機能のひとつの自動巻き+手巻き。止まってしまってまた動かしたいときにすぐ巻き上げられる便利な機能。ですけれども実際はちょっとね...。

手巻き用の歯車が回ると、香箱の回転を介して自動巻き機構が無理やり動く形になっています。強く操作していると車の歯が欠けそうで怖い。

手での巻き上がりは芳しくないふうで、振り角が大きくなるまでに回数が必要でした。テンプが振り始めたらあとは自動巻きに任せてもいいかもしれない。

 

 <追記>

巻き上げが大きくなると反発が大きくなって、ローターがほんのちょっと弾かれます。矢印の方向へ動いても小さな力だとカチンッと音がして止まってしまいます。しっかり鉛直方向で持ってやれば大丈夫。

公式に拘束角も掲載されており歩度調整もしやすい。ただ精度はどうでしょうね。なんせ4000円あれば買えるムーブメント。日差+15秒、姿勢差±10くらいまでいけたら上等。

後日タイムグラファーにのせた記事が以下。


兄弟機のお写真は以下ふたつ。

 <追記ここまで>

 

ケースの最小径が30mm強とあることからレディースウォッチとしても使えなくもない...?

ともかくこれで何本か作ったり、分解組立でもしてみてどこまで使える時計ができるのかは楽しみです。なんてったって日本のメーカーの機械ですもの。

 

では、またお会いしましょう。