損するあほう

やったこととか残しておく。※個人の感想です

7N43の文字盤は7S26に移植でき

ません!

 

残念でした!

 

安いラッカー塗料で艶消しの白に変身した文字盤にSEIKOの植字を戻してみたところ、かわいくてよろしいので何か使えないかなと考えたんです。

f:id:yu_john:20200929211510j:plain

安直に手元の7S26にのせるとこれが全然ハマらない。ぱっと見同じような位置に干支足の受穴があるのになー。
ネットで探しても7Nの寸法pdfに出会えなかった。esslingerで見てみると衝撃の事実が。

f:id:yu_john:20200929212108p:plain

左:7N43 右:7S26

おわかりいただけるだろうか。

同じかと思われた干支足差込口は、ほんの少しだけズレている。7Sは日板の数字から外れた位置にある。両方とも31日のディスクを使用していることから、1日当たりに割り当てられた角度は等しい。

ムーブメントのコストカットは行うのに、文字盤の設計を統一して安上りにしようとはしない。SEIKO内部での派閥がにらみ合っている暗示だとでも、いうのだろうか。

 

てなわけで無事、白文字盤は自由の身を保てたわけであります。NH35に好きな文字盤をつけようと思ったら結局NH用の文字盤を用意してやるしかないんだな。全然別のムーブのものでも干支足を無理やりつければいいのだけれども...。

 

7N43が手に入ったら真っ白の時計にするだけです。

 

では、またお会いしましょう。