損するあほう

やったこととか残しておく。※個人の感想です

実体のタイムグラファーの代わりに

8月にAliexpressで注文しておいたタイムグラファーはいまだに積み込まれたままです。

 

8月15日に”[Guangzhou] Leaving...”と書かれて消息を絶った私のタイムグラファー。

 

無限に待ち続けても意味がないのでどうにかならんかと探してみたところ「びぶ郎」なるアプリケーションを発見。

f:id:yu_john:20201210203316p:plain

Vectorから拝借

有志で開発をしていた方がいたようで、ありがたいことに無料にて公開されていました。が、びぶ郎はもう何年も前に開発を終えております。機能に関しては完成されていますし、windows10での動作も確認されてます。ですのでこれで問題はありません。

 

またも巡回してみると別のアプリケーションが開発されています。
その名も「tg 0.5.0」。数字はバージョンでしょうか。こちらからダウンロード可能。

比較的新しく作られたものでして、歩度の計測が可能なうえに、ビブログラフも表示される優れものです。

f:id:yu_john:20201210203820p:plain

githubの投稿から拝借

「歩度が見られればどうということはない」派の方には関係のない話。
ですが刻音が波形として追えると何が都合よいかというと、どこかが擦れていたり、歯車の一部で異常がある場合にその特定が容易になります。あとは爪そのものがおかしい時にわかるかな?

 

以上のふたつはシェアウェアではなく即座に入手可能なかわりに、これらのアプリに音を送るためのハードウェアが必要です。その作成や入手もどうにかなれば誰でも持っている(はず)PCがあら不思議タイムグラファーに大変身!

 

そのためのマイクとアンプもどうにかなりそうですし、手を出してみるか。

 

では、またお会いしましょう。