損するあほう

やったこととか残しておく。※個人の感想です

CITIZEN cal.6115 を分解

近頃はお小遣いが無いので「あの機械が触りたい!」なんて贅沢は言っていられません。我慢の時間も必要です。

 

本当は機械式時計が好物なものの、実際に流通する量が多いのはクオーツです。

 

てなわけで、

f:id:yu_john:20210805164123j:plain

何の変哲もないシチズンさんのクオーツをガラ箱から拾い上げました。消費電流5.4μA、針の動きなし。このままだとゴミです。遊ぼう。

BURENのときみたいに軽く分解してエタノールで丸洗いしちゃおうかと思っていたら想像を超えて手間がかかってしまった。安いクオーツ、特に国産は分解掃除なんてやるもんじゃありませんな。

 

あの、わたしは社畜、こっちは cal.6115 。

f:id:yu_john:20210805164321j:plain

やっぱりシチズン(MIYOTA)特有の雰囲気がありますね。少なくともセイコーとはまた違う味がする。艶消しっぽい金色の押さえはETAかMIYOTA。RONDAはピッカピカに磨いてある。

 

ぎちぎちのスペーサーではないからリュウズを抜くだけで簡単に落ちてくる。

f:id:yu_john:20210805164640j:plain

この梨地仕上げのような文字盤はギンギラギンが抑えられており優秀。反射が多いと見づらく感じる。まあ時間なんて見ないんだけどね。

 

文字盤を外すとこんな感じ。

f:id:yu_john:20210805164909j:plain

プラスチックが目立ちますね。さすがは日本、コストカットに余念がない。安く作って高く売る。商売の基本。

ネジ三本外してゆっくり上から取っていけば難しい構造もありません。

f:id:yu_john:20210805165040j:plain

地板に金属があるだけでもまだまだマシでしょう。

 

カレンダーと回路とコイルを外して泳がせればいいと思っていた時期が私にもありました。

f:id:yu_john:20210805165106j:plain

cal.6115は輪列を先に外さないとコイルまで到達できないようにできています。んー、想定外。このままいくとフルで分解だなと諦めモードに入った瞬間でもあります。

 

さすがに切り替えまわりと摩擦車は金属か。

f:id:yu_john:20210805165236j:plain

ここまでくれば簡単に外れるところはすべて外してしまおう。あがいたって無駄なんですから。

f:id:yu_john:20210805170234j:plain

ここまでやって洗浄して組み立て。消費電流0.85μAでパルスも正常でした。針つけまですすめて終了です。

 

ガラスが傷だらけなのでどうせ売れませんから、合わせでプラパッキンとガラスを圧入する練習台にでもなってもらいましょう。

 

では、またお会いしましょう。