損するあほう

やったこととか残しておく。※個人の感想です

キングセイコー 5625-7000 第3回 ガラスを調達

外装で気になるのはガラス。 純正品は現状みつかりません。

キングセイコー 5625-7000 第2回 ケースを磨く

一番初めに手を付けるのはケース。 中身が動こうが何しようが、ケースを磨く練習はしておいて損はありませんから。

キングセイコー 5625-7000 第1回 計画をたてる

発掘された56系キングセイコー。 ボロボロなものの動作していますしカレンダーも壊れていません。ちょっとずつ修繕してみましょう。

2022年は

こんばんは。 新年、おめでとうございます。

Cartier タンクヴェルメイユのハズレムーブを引いた

¡Feliz Navidad! 奮発してカルティエを購入してみました。

サイリ Sayri tabaco de liar sin aditivos

tabaco de liar とはスペイン語で「手巻き煙草」、いわゆるシャグ。 日本ではおそらく手に入りませんが、覚書き程度に。

裏蓋パッキンはベンジンで洗って大丈夫?

ふと考えました。 汚れた裏蓋パッキンも一緒に洗えるのか?

目覚まし時計(昭和58年お買い上げ!

目覚まし時計がちゃんと動かないので見てくれ、と祖母から置時計をわたされました。

オメガ cal.620を分解します

今回もジャンクで3000円のオメガをさわりましょう。

7S26と46943とでケースを交換できるか?

ちょっと前に手に入れたORIENT cal.46943のケースにメッキ剥がれが見えたので代わりのケースを探しています。

女持ちオr...セイコーオートマ!

先日、某オークションサイトでセイコーの自動巻腕時計を入手。これが珍しくレディースでした。 セイコーファイブなどの男物は手に入りやすくても女性ものは他で見かけないこともありちょっと頑張って落札。

ORIENT cal.46943 耐震装置はスイス式?

自分、気がついたら白文字盤の機械式を所持していないのを思い出して、ORIENTの安い時計を手に入れてみました。 裏蓋を開けてみると見慣れた機械。

風防サイズ虎の巻

ガラスの交換をする前には必ず現物の直径を計測して、同じものを手に入れ交換。 この流れでいくと、ガラスを外してから新品が届くまでに「巻けない」時間が発生する。

サファイアクリスタルは危険物?

いつまでたっても注文した部品が届かなくてちょっと困っています。 風防を数枚頼んだだけなのにこんなに待つとは。

hmt 修理の採算とれないよ

某サイトにてジャンクのhmtを1000円やそこらで落として遊ぶのが楽しくてですね。 時刻合わせだけできて巻き上げられない症状のようです。

NIKKOR-H Auto 50mm F2 を改造してD7100につけるお話

久しぶりのカメラネタ。 実家の棚にこんなものを見つけました。

プッシュボタンを別作?いやいや

とあるジャンクで手に入れたエコドライブ。 バカみたいに錆ついていろんなところがダメになっているのを意地になって分解していると...。

ククク... 奴は46系の中でも最弱! 表側

初めての機械でなれない部分も多いものの、ひとまず前半としてカレンダー側を乗り越えましたね。 表側の駆動用輪列もなにかと問題があり(個人の感想です)大変です。

ククク... 奴は46系の中でも最弱! カレンダー側

ORIENTが出す低級機械式腕時計(失礼かな)の代表格、オリエントスリースター。 手に入れてから分解までちょっと時間が空きましたが、このたび分解しました。

フェルトビット追加の術

ぼろいだけの時計を並べても誰も買ってくれません。 できれば綺麗な時計を腕に巻きたいものです。

交換用リュウズはどれを選ぼうかしら

私はMODではなく、どちらかというとジャンクを拾ってきて弄繰り回すのが趣味です。 であればやはり部品の交換が必要な場面も出てくるでしょう。

高級コピームーブメント発見!

底辺生活を謳歌している私は日がな一日ゴロゴロダラダラした時間を過ごしているわけで、そのあいだにインターネットから多種多様な情報を得て次のキャリアに備えています。固定回線はいくらアクセスしても金額が上がりませんからね! とはいってももちろん時…

裏蓋閉め器で割れたら意味がない!

明工舎のボロい裏蓋閉め器を4000円くらいで手に入れられてラッキーだなどと考えていたら、そんなことはありませんでした。 ”アレ”が足らないのです。

7S26でゆっくりしていってね その6 文字盤側も完成!

テンプが元気よく振り始めて調整もある程度終わったらそのままカレンダーをとりつけましょう。 ここから先はバネにご注意を。

7S26でゆっくりしていってね その5 表側完成!

アンクルを含む輪列まで完成しました。ここから一回り小さい箇所をさわることになります。 キズミがないとちょっと厳しいかも。

7S26でゆっくりしていってね その4 アンクルまで組立

分解が終わったらベンジンで汚れを除去します。 洗浄が終わったら? もちろん組み立てて元に戻しますね。

7S26でゆっくりしていってね その3 表側分解

カレンダー側がすっきりした7S26Aの分解をすすめます。 動作の本丸、表輪列です。

7S26でゆっくりしていってね その2 裏側分解

さて、回転錘がひっかかっていただけの不動(笑)セイコーファイブの分解をすすめましょう。 具体的にどんな感じなのか、説明しながら書いてみます。

7S26でゆっくりしていってね その1 不動...?

某ネットオークションで不動品の7S26Aを手に入れました。 どこが原因なのかさぐっていきましょう。

セイコーがダニエル〇ェリントンの元祖か

抱き合わせで手に入れたジャンククオーツがなんとなんと、トリマコンデンサ付きの相当古いものでした。 どうせ使えないだろうと思って消費電流を測定すると3.4μA。やはり無理だろうか。