損するあほう

時計とかタバコとかPCとか、残しておく。※個人の感想です

時計

オールドタグホイヤー クオーツのオーバーホール

電池交換したけど動かないというわけで私のもとに回ってきました。 私ではなく普通の時計店に持ち込んではどうだろうかと毎回思いつつ、お小遣いのもととしてありがたく作業します。

SEIKO Silver Wave 8229 回路不良

こんにちは。この頃時計を触らずにサボっていました。 暑くて作業に集中できませんから。

LONGINES 6651 いやオメガ? 後編

今回は急ぎでお返しせねばなりません。 わざわざ電話で連絡を取るくらいには急いでるみたいです。

LONGINES 6651 いやオメガ? 前編

送ってくれる時計が総じてワンピースケース。 継ぎ手巻芯を外す行為が心臓に悪く、気が気ではありません。

小さくてもIWCなレディース cal.44 後編

せっかく手元にありますし最後までばらしてしまいましょう。 難関の自動巻きも越えたことですし、安心して進められます。

小さくてもIWCなレディース cal.44 前編

ジャンクで預かりましたIWCのレディースの腕時計。 巻き芯が抜けてしまうというのです。オシドリ周辺に問題があることは間違いありません。具体的に何がだめだったのかも含めて、分解を楽しみましょう。

中華の粗悪自動巻き 後編

さて、名もなき中華自動巻きを進めます。 いろんな機械の雰囲気がここからも垣間見えます。

中華の粗悪自動巻き 前編

これもよかったら診てくれよ、と送られてきた時計が仰々しく彫ったり削ったりしたムーブメントを積んでいます。 もしかしてこれはアヤシイ中華。

wiccaも実は分解に耐えられます

ソーラー式は電池交換の手間すら省かれて、メンテナンスフリーのような雰囲気が出てきていますね。 でも長く使うためには不可欠です。

CITIZEN AVARON cal.6700 の分解

永久カレンダー的なものが電池式でたったの3年しか持たないって設計ミスな気がするんだけどな。 ロマンはあるよね。

シーマスターは苦手です... 後半 cal.752

折りそうな秒針に気をつけながらも進めるしかありませんから、とりあえずがんばります。

シーマスターは苦手です... 前半 cal.752

文字盤がゆがんでいると預かったオメガの時計があります。 分解などなどもやることになっていますから開かねばならんのです。

身ぐるみ剥がれたB&M 形になった + ケースのレビュー

3月頭に入金が完了し、今か今かと待ち焦がれた自作(デザインしただけ)ケースがようやく、やっと、ついに我が手に。 輸出が止まっていた原因は結局教えてもらえなかったそうです。チャイナポストめ。

mechanical RICOH cal.40 後半

2段引きカレンダー送りに疑問を抱きつつも次は自動巻き等を分解していきます。

mechanical RICOH cal.40 前半

めちゃニカルリコー ムーブメント40番。 メカメカしさがありました。

ST1612の精度を確認

身内のところに手違いでメカムーブメントが送られてきました。 当人はジャンキーな腕時計には興味がなさそうですのでいただいておきました。

オメガ cal.370のテンプ受石はここがネジ!

結局精度がガタガタのまま腕に巻かれているオールドオメガ。 分解時に「おお!」と思った箇所があります。

今度は本物のコンステが来ちゃいました

クオーツのオーバーホールです。 身内以外の方からの依頼は初めてですね。

コンステレーションじゃないのに星空 cal.370

自慢のオールドオメガを一日腕に巻くと困ったことに。 なんと夕方には1分以上進んでいます。

じい様のSEIKO Seahorse その3-ぜんまい

後回しにした香箱。 これには一つ問題があります。

じい様のSEIKO Seahorse その2-内装

そろそろ機械の方へまいりましょう。 キャリバーが不明で、検索すると「J13032」としかヒットしません。裏蓋にもこの番号しかありません。

9P2 ピアジェ製のマンホールを分解!

この頃は機械だけですがブランド物を分解しようという方針で動いています。 余裕のあるときだけ、お金をかけています。

身ぐるみ剥がれたB&M 表側

ひとつの平面にぎっちりと詰まったボームアンドメルシエ。 果たして無事に終えられるだろうか。

身ぐるみ剥がれたB&M カレンダー側+α

ジャンクの中に面白いものが混じっていました。 BAUM & MERCIER。かたかなだとボームアンドメルシエ。

現行品と違うぞ? Frederique Constant Carrée

フレデリックコンスタントの中古品を某サイトで入手。 でもちょっと様子が違います。

MIYOTA 8215の秒針を合わせるには?

様々な場面で目にするMIYOTAの機械。 時間合わせで苦労する場面も多いでしょう。公式HPを見ながらおさらいします。

キングセイコー 5625-7000 第6回 完了

長きにわたるキングセイコーも終焉を迎えます。 形が整ったことで腕時計として家の外へ連れていけるように。

キングセイコー 5625-7000 第5回 表側分解

表側を開いていくとちょっと特殊な形が見えてきます。 見つめるとスイス式のような要素もちらほら。

キングセイコー 5625-7000 第4回 カレンダー側分解

外装に復旧のめどがたったことから、内側へと進みます。 はたして使えるものかどうか。

キングセイコー 5625-7000 第3回 ガラスを調達

外装で気になるのはガラス。 純正品は現状みつかりません。